相性

のぼり旗を活かす                                                                                        
のぼり旗というのは、屋内に設置できるだけでなく屋外に設置することも可能ですが、
場所によって環境というのはさまざまです。

ある場所とは相性が良くても、違う場所では相性が悪くなってしまうこともあります。

そういったことがあると効果の高い宣伝ができなくなってしまいますから、
注意しておきたいところです。

のぼり旗を設置する場合には、きちんと周囲の景観を確認しておくことが大切です。

家を建てる時には、周囲の環境を確認して喧嘩しない形や色を心がけることがありますが、
のぼり旗もそういったことを意識することで、設置場所の環境と仲良くなることができ
デザインの良さをフルに発揮できるものです。

設置場所例えば、背景とまったく同じ色の物を設置する場合には、視認しづらくなってしまいます。

ですから、ある程度メリハリのあるカラーバランスというのが重要になってきます。
のぼり旗のデザインを考える時には、入れる文字によってより良い色の組み合わせにするということがあります。

ラーメンなら相性が良い赤と白で作ったり、交通安全の物であれば目立つように赤と黄色にするといった具合です。

こういったことを周囲の景観との相性を考えて行うということで、これができると内容を見やすくなりますし
雰囲気も良くなります。

景観との相性を考える場合、のぼり旗の大きさに注目するのも1つの手です。

例えば、開放感のある自然の中や大きな建物の前であれば、それに合わせるように大型の物を設置して勢いを出すという手があります。

相性

TO TOP