素材

のぼり旗を活かす                                                                                        
のぼり旗は外で使う頻度が高くフルカラーで印刷するものが多いので、性質や
用途に合わせて様々な種類の生地が使われています。
もっともポピュラーなものから、特殊な生地まで。
実際にはどのような種類の生地が使われているのでしょうか?

シンプルでも愛される

通販サイトで紹介されているものをメインに、いくつか抜粋して1つずつご紹介します。

もっとも多く用いられるのは通称ポンジと呼ばれる化繊素材のもので、正式には
テトロンポンジといいます。
インクが裏まで良く通り、薄手でしなやかなために使い勝手がいい生地で、
100%ポリエステルで出来ています。

通販サイトでも良く見かけるものでのぼり旗に使われる他、タペストリーや
横幕などでも使われています。

次は金巾です。かなきん、かねきんと呼ばれる布で、のぼり旗に良く使われる素材の1つです。
薄手のコットン生地で綿100%の生地です。暖簾などにも使われたりします。

次は遮光エステードです。文字通り遮光効果があり、布の間に遮光シートを挟み込む事で
印刷が透けないように工夫されています。ポリエステルで出来ており、
一般的な用途の他にカーテンでも使われています。

そしてトロピカルです。もっとも良く使われるポンジの厚手タイプで2倍の厚みがあります。
ポリエステルで出来ており、光沢感があります。他にも、厚手のものやコシのあるもの、
綾織の生地など、様々な素材がありますがのぼり旗で用いられるのは上記のものが多いようです。

素材

このように、のぼり旗の生地にも豊富に種類があります。
ほとんどの場合はポンジーでも十分にのぼりとしての役割を果たしてくれますが、
もしデザインに強いこだわりがあり、表現方法をじっくり考えてみたいと
いうことであれば、別の生地を試して見ても面白いでしょう。

生地感を確かめたい場合は、業者に問い合わせてみると
サンプルなどを送ってくれるかもしれません。

近年は通販での注文が増え、自分で布を選びオリジナルのデザインで注文する
ケースも多いようです。通販サイトごとに値段や注文できる生地に差異があるようですので
是非比較してみてください。

TO TOP