果樹園

のぼり旗を活かす                                                                                        
果樹園では、様々な物が栽培されており、季節毎に果物狩りが実施される事があります。
果物狩りが好きな人は多いですので、利用者に親切な仕組み作りが
できることで、またここに来たい、と思ってもらえるようになります。

果物狩りを実施する際には、どこで行なっているのかを消費者に知らせる為に、のぼり旗を活用するのが良いでしょう。

親切

のぼり旗は、飲食店や商業施設などでよく使われる旗を使った宣伝媒体ですが、
果樹園での宣伝でも十分に活用する事が出来ます。

どこが入り口か、受付があるのかというのがわかりにくい場合も
ありますので、そういった時にのぼりで目印をつけてくれていると
印象も良くなります。

果樹園で使う場合には、果物に合った背景色の旗を用意した方がイメージがしやすいです。

大きく文字を書く事で、その果樹園でどのような物を栽培しているのかが一目で分かります。
果物狩りの場合、特定の果物を収穫出来るようになっていますので、果物のイメージがしやすい旗の色を選ぶ事は宣伝を行う際に有効な手段です。

キャッチコピーは、果物が美味しそうに見えるようになるような文言を選択しておきますと、宣伝効果が高まり、集客もしやすくなるでしょう。

宣伝をする時には、どのような商品を取り扱っているのかを明確にしておく事が重要です。

明確

 

TO TOP